写真家・加治枝里子による写真展「黒い庭」

鎌倉のギャラリーJohn にて、写真家・加治枝里子による写真展「黒い庭」が開催されています。

10年前にハワイ島を訪れて以来、7度にわたりハワイ島やその周辺の島々で撮影を続けてきた加治枝里子。本展では、ハワイ島で撮影された写真を中心に展示されます。

噴火した火山の溶岩によって覆い尽くされた土地に再生される暮らし。電柱に絡みつく植物の生命力。
人々の営み、そして怖さと美しさを併せ持つ自然の力を独自の目線でフィルムにおさめた作品たちは、美しく、見るものにとって救いとなります。
作品は、すべて暗室で手焼きされたオリジナルプリント。 今この時こそ、見るべき作品たち。

今年の春はとても静かだった。 大人しく毎日を家で過ごしていた時、ふと窓の外を見ると凄まじい勢いで草木がのび、花が咲き乱れていた。 それはハワイ島で見た植物とよく似ていた。 極彩色の花は電柱に絡まり、廃墟は枝に覆い尽くされていた。 噴火した火山から流れ出た溶岩は町ごと溶かした。しばらくすると、固まった黒い溶岩の隙間から緑が生えてきた。 そして、そこにも人は家を建て、暮らし始めた。
(加治枝里子)

<作家プロフィール>
加治枝里子(かじ えりこ)
1981年生まれ、写真家。鎌倉在住。アメリカの美術大学で写真を学んだのち、2006 年にフランス・パリを拠 点に独立。2010 年東京に拠点を移し、「TRANSIT 」「Coyote」などの旅・カルチャー誌で活動しながら作品 制作を続ける。北欧の白夜をテーマにした「夜がこない」、アイスランドを舞台にした「となりの惑星 ICE CREAM ON ICE PLANET」など。2019 年夏、子育てをきっかけに鎌倉へ移住。今春創刊された話題の新雑誌「NEUTRAL COLORS ニュー・カラー」ではインドと鎌倉の自主保育について寄稿している。

DATE : 8月7日(金)〜 8月18 日(火)
HOURS : 平日 12:00-18:00/土日 11:00-17:00 8月8日(土)のみ 11:00-19:00
CLOSE : 水曜日
入場料 : 無料
PLACE : John 鎌倉市材木座 1-6-22
TEL:080-5389-5005
John
会期中、John 隣接の家具店「STOVE」でも加治枝里子の作品を展示販売いたします。

カテゴリー: Topics   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。