Brisagram!

  • 稲村ケ崎から眺めるサマーサンセット
    気温も下がり、風が吹き始める夕方、サンセットを見に海辺までお散歩です。太陽が雨雲に反射される幻想的な夕景は夏ならでは。一秒一秒表情を変えていく空はまるで自然が織りなすショーを見ているよう。稲村ケ崎から眺めた夏のサンセットのワンシーンをお届けします。
  • 早朝の鎌倉で心安らぐ夏のお花見
    春は見事な桜景色で有名な鎌倉八幡宮ですが、夏はすっかりと姿を変え、境内に広がる池の蓮が見頃を迎えています。まだ人通り少ない早朝の鎌倉で夏のお花見、そしてそのあとは気になっていたあのカフェへ。心地良い静けさに心癒される夏のワンシーンをお届けします。
  • 旬の鎌倉野菜で夏のアペルティフ
    ディナーの前のひととき。夕暮れ時からよく冷えたワインをあけて、友人とおしゃべりを楽しみながらテラスでゆっくりアペルティフが楽しめるのも、日の長い夏でこそ。「レンバイ」の名で親しまれる鎌倉農協連即売所で調達した新鮮な夏野菜を活かしたシンプルなアペルティフのワンシーンをお届けします。
  • 梅雨の宝石、紫陽花
    梅雨の風物詩ともいえる雨水の雫を身にまとった紫陽花たち。同じ種類の花といえども、薄水色から濃い碧、薄桃色、紫、ワイン色まで、実に個性豊かです。ご近所さんから頂いた沢山の紫陽花をちょっと贅沢に花瓶にいけてみました。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.59
    「七草は新暦では1月7日ですが、そのときにはまだ草は生えていません。ほんとうの七草はこれから。まさに旬、ういういしい草のシーズンが始まります。」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.58
    「草暦というものをつくっています。今年で13年目の草暦、毎年違う色で、デザインも年々変わっていますが、シンプルな一色刷りの地味目な見た目は変わりません」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.57
    「山中を走り回っている、うちのおてんば猫さん、この子をかわいがる度に、世界中の生き物に、いつも気持ちと思いを馳せてしまいます。」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.56
    「この時季、道を歩いていると、どこからともなく葛の花の香り、葡萄のような色をした葛の花、そしてその蔓からは布も作れるのですー」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.55
    「その時季にはびこって、庭や空き地を覆い尽くす植物たちは、実は人や動物がその時季を過ごすのに、とても役にたってくれるものたちだということ。」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.54
    「野の草を食することは、宇宙のリズムと繋がっていくこと・・今日は時々つくっている「草弁当」(折々の野草を使った、完全菜食ヴィーガンのお弁当)のご紹介をすこし。」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.53
    「ついに冬と春が入れ替わる今日は春分。摘み草のベストシーズン。草は採ってくると、それはもう大忙し。茹でたり、すりつぶしたり、ゴリゴリ、スリスリ・草魔女の様相です」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.52
    「あっちもこっちも春の気配。でも草仕事用の草はまだ出揃いません。この時季は去年の秋からずっと野山に立ち続けている山茅の収穫。ちいさな箒をつくります。」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.51
    「元旦に素潜りをしました。素潜りはなんといっても一息。一回吸って、吐くまでの間のできごと。その一瞬の旅の素晴らしいこと。それは、地球の中心に向かう旅」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.50
    「冬至があけてしばらくは、一年でも一番光がきれいな季節。ただ日差しを浴びているだけで幸せになれるシーズンです。猫も日差しを愉しむ上級者・・」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.49
    「草暦というこよみを毎年つくっています。暦というのは単に月日の推移のことではなく、自分の棲む風土と自分との関係、たくさんの命を乗せて迴る、小宇宙・・」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.48
    「光のうつくしい時は、家から徒歩1分の、ちょっと見晴らしの良いとっておきの場所に出かけます。時には仕事のものを持って、時には本を抱えて、お茶のコップも持って、まるで家の中で部屋を移動するように」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.47
    「身の周りの植物から紐や縄や道具類を作る暮らしは長い間、当たり前のことでした。今、自分で草から紐を作ったりしてみると、ハサミを入れて切ることさえためらわれる感覚にハッとします。」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.46
    「梅干しや糠漬けなど、身近だけれど智慧の結晶の食品を作っていると、大いなる自然界の働きを日常のものとして感じるような気がします」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.45
    「猛暑が続きますが、山のなか、緑に埋もれた我が家は、町なかとはまた違った風が吹いています」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
  • Brisagram! 海辺の草こよみ vol.44
    「蓬はすぐれた薬効を持つ、身近な薬草の代表格で、食べて美味しく、焚いて虫よけに、モグサとしてお灸に、そして染めものの素材として素晴らしい色を授けてくれる草です」季節の草に囲まれて草とともに暮らす草文化探求の矢谷左知子さんの湘南の自然の中での暮らしの一コマをお伝えします。
Follow me!