Food

  • 「ナチュラルパレオ」の考えをもとに
    Class Life にご登場いただいている西条智子さんは自然のエネルギーに満ちたカラフルな食生活を楽しんでいます。「色を食べてもらう」がコンセプトという美しくて体にうれしいお料理を作っていただきました。
  • カカオから広がる豊かな世界。ダンデライオン・チョコレート鎌倉店
    鎌倉駅徒歩1分の場所にBean to Barブームの先駆け「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしました。ここ鎌倉でも蔵前や本国サンフランシスコより届く、カカオ豆からひとつひとつ丁寧に作られたチョコレートバーを手に入れられるようになりました。
  • ケイティー恩田さんのレシピ 南アフリカのミートローフ”ボボティー”
    ブリティッシュ・スタイルをベースにおもてなしを提案して人気のライフスタイルコーディネーター、ケイティー恩田さん。今年のケイティーさんのパーティレシピは南アフリカのミートローフ”ボボティー”。
  • あたたかな湯気で包まれる、あなたのための1杯のコーヒーを。
    冬の足音が聞こえてきそうなある日、葉山・森戸海岸近くにコーヒーショップ「ヒマダコーヒー」がオープンした。 店主ひとりでまかなう、こじんまりとした心地よい空間で味わうコーヒーは、最上の抽出法と言われる、ネルドリップで一杯ずつ丁寧に淹れてくれる。まるで自分のためだけに、個人的に淹れてくれたのかと思うほど優しくまろやかな味わいに、心が少しずつほどかれていく。
  • 贅沢な空間で、鎌倉の文化と歴史に想いを馳せる
    2016年春のリニューアルを機にリニューアルした鎌倉彫会館。鎌倉彫りの歴史と作品に触れられ、体験もできる施設となっています。1階にオープンしたカフェ「倶利guri」は、鎌倉彫の器で食事やコーヒー、お茶を楽しむことができます。
  • 鎌倉のこの場所で、コーヒーを淹れ続けること
    日本のカフェブームの牽引役として、常に注目され続ける「cafe vivement dimanche(カフェヴィヴモンディモンシュ)」。店内はいつも、コーヒーとここで過ごす時間をお目当てに、地元の方はもちろん遠方から訪れるお客さんたちで賑わいます。カフェ好きならずとも人気の「cafe vivement dimanche」ですが、実はオーナーである堀内隆志さんがコーヒー豆の選別から焙煎、ハンドドリップまでをたったひとりで担っているのだそう。そんな堀内さんに、お店のこと、そこに込める想いなどをお伺いしました。
  • トラディショナルなフランス料理を、地元の食材でカジュアルに
    逗子の食通たちを唸らせるカジュアルフレンチワインバー「バレル」。豊富な種類のグラスワインをいただける、ワイン好きにはたまらないお店です。逗子駅から徒歩2分という立地だけあり、毎晩、食にうるさい常連さんたちで賑わっています。昼間は大満足のランチのほか、料理教室も開催しています。
  • 波音を聴きながら地元の食材に酔いしれる、極上のひとときを
    美しい海岸線で知られる秋谷の海を一望できるレストラン「HAYAMA Funny house」。可能な限り地元の食材を使い、素材の味を活かした美しいお料理の数々は、五感をフル稼働させ感じたい、そんな逸品ばかり。大切な人とテーブルを囲み、波音を聞きながらゆったりとしたひとときを過ごすことのできる、とっておきのレストランです。
  • 本場のナポリピッツアを鎌倉で堪能する!
    鎌倉御成、大通りから一筋離れた路地の先にイタリアンレストラン「Latteria BeBe Kamakura(ラッテリアべべカマク ラ)」はあります。お店にはチーズ工房が併設されおり、いつでもできたてのチーズがいただけます。もちろんチーズのテイクアウトもOK!
  • 食材にこだわったイタリアンをオーガニックワインとともに
    鎌倉、雪ノ下のイタリアンレストラン「più forte(ピュ フォルテ)」。 通りに面したガラス張りの素敵な店内を、道ゆく人々が足を止め、興味深げにのぞいてゆきます。 2015年8月、下北沢の人気イタリアン「cuore Forte」の3号店として鎌倉にオープンした「più forte」は、種類豊富で美味しいオーガニックワインがいただけるお店ということで、ワイン好きのあいだではすでに話題のお店です。
  • 誰にも教えたくない、海辺にあるとっておきのカフェ
    逗子駅から海へと続く、ながい道。間もなく海が見える!という一歩手前の場所に「Umibe cafe」はあります。 逗子の町並みに溶け込むような佇まいのお店は、派手さはなく、特別な宣伝もなし。けれども一目で「素敵なカフェだな」と誰もが思う、そんなカフェです。
  • “湘南産の美味しい”がいっぱい詰まった、海辺のレストラン
    佐島にこの夏オープンした海辺のレストランがなかなか素敵です。まるで海の上に浮かんでいるような特等席がある「Marine & Farm」は、湘南産の食材を最高のロケーションで食べさせてくれるお店。"Eat Locally"をコセンプトにしたレストランです。
  • AMIGO KITCHEN shop & deliがオープンしました
    逗子のCINEMA AMIGOに隣接するわかなぱん跡地に「AMIGO KITCHEN shop & deli」がオープンしました。安心な食材を使用したデリやサンドウィッチ、自家製パスタなど組み合わせを選べます。イートインもテイクアウトもOK。
  • 朝7時から夜中の24時までオープン、こんなレストランが欲しかった!
    湘南T-SITEに 7 to 24 のレストランがオープン!と聞けば、気にならないわけがありません。「THANKS ON THE TABLE.」は、朝食からランチ、ディナーまで、レストランとしてはもちろんカフェとしても使えるお店。わが家にもうひとつ食卓があったら…そんなコンセプトで湘南の生活に寄り添うニューレストランをご紹介。
  •  有元くるみのシチリアランチ
    葉山の丘の上にあるキルトガーデンで開催されたランチ&スウィーツの会。この日のお料理は、食と旅をテーマに活動する料理家の有元くるみさんのシチリアランチ。くるみさんの創り出すものは、どこの国の何料理とは限定できない多種多様な味が融合しています。一つのお料理の中に幾つもの物語が存在していて、それはモロッコの迷路のような路地裏だったり、太陽が降り注ぐイタリアの島だったり、インドのスパイスマーケットだったりと、様々な情景が目の前に広がります。今まで旅で訪れた土地や香りが集結している、くるみさんの魔法によって現れる作品そのものです。
  • 美味しいがあたりまえ! 個性豊かな湘南コーヒー事情
    一杯の美味しいコーヒーがもたらしてくれる幸せ。毎日の生活の中で、美味しいコーヒーにほっと一息つく時間があることの大切さを知っている人たちに支持される、それぞれに個性豊かな湘南のコーヒーやさんを訪ねてみました。
  • 南葉山の高台に佇む、五感が喜ぶ海カフェ
    「c:hord hayama antiques & book cafe」は、海と山の自然に囲まれた葉山の長者ヶ崎を見下ろす高台という絶好のロケーションにオープンしたカフェ。店内には、アンティークの家具や雑貨、そして様々なジャンルの書籍が並び、地の恵みいっぱいに育った野菜や地元で獲れた旬の食材が並ぶお料理をいただくことができます。まるで海辺のリゾートのような時間が過ごせる、ココロも身体も笑顔になれる葉山のニュースポットを訪ねてみました。
  • 極楽寺のとっておきカフェで過ごす至福の時間
    極楽寺にニューオープンの、自家製焙煎コーヒーとヘルシードーナツのお店「HALENOVA」は、ギャラリー機能も兼ね揃えたギャラリーカフェとして地元っこたちの注目を集めています。
  • ショコラと過ごす優雅な時間
    海から数分の長谷の通りに面したビルの2階にあるショコラティエ・カフェの"Citrine"。店内に入るとまず目に入るのが、宝石のようにショーケースにならべられた美しいショコラ達。
  • じっくり煮込んだ欧風カレーを光が降り注ぐ開放的な空間で
    遊佐未森さんのお気に入りの場所としてロケで使用した鎌倉長谷にあるカレーの店、woof curry。店内はシックな色調にまとめられ大きな窓からが光が降り注ぐ開放的な空間。優しい雰囲気の中、じっくり煮込んだ欧風カレーを楽しむことができます。

Food

Follow me!